株式投資と読書 資本主義社会で生きる知恵と知性

株式投資と読書。株式投資を実行する上で重要な投資哲学をつくりあげ、磨き上げていくために書籍の中から賢人の思考回路や知恵又は株式投資の初心者が知っておくべき大事なコトを抽出しています。投資哲学や思考・知恵は読書から作られます。
株式投資と読書 資本主義社会で生きる知恵と知性 TOP  >  バフェットの読書法
[ バフェットの読書法 ] のタグを含む記事

株式投資と読書 バフェットの読書法





株・投資信託、いま損を抱えている人の投資の処方箋
中桐啓貴
株式会社クロスメディア・パブリッシング


静かなところでひたすらに読む

バフェットは1日をどのように過ごしているのでしょうか。
5、6時間を読書、1、2時間を電話、そして他の時間を考えることに費やしているそうです。
読書によって、過去の知識を得て、電話によって他の人の意見を聞き、考えることによって独立的に決断をするということだと思います。

パートナーであるマンガーも「大量の書物を読まずして、広い分野にまたがる、真に優れた投資家にはなれない。優れた投資家というのは読書家である。これには例外は1つもない」と言っています。
マンガーはまた、「私は伝記中毒と自称し、1日1冊本を読む。知恵を磨くことは道徳的義務である」とも言っております。

バフェットの師匠であるベンジャミングレアムは、その著書の中で「金融、会計、株式市場のノウハウについて広範な知識を持っているが、投資には向いていない人より、投資向きの資質を備えている普通の人のほうがはるかに大きな利益を上げているのを私たちは見てきた」と書いています。
つまり、短期的な株価の変動というのは、金融の知識で説明できますが、長期的な変化というのは金融の知識だけで見通すことができません。
人の織りなすマーケットを理解するには、多種多様な本を読むことによってしか得られないということです。

また、バフェットも、ウォール街の喧騒から離れたオマハで年次報告書から哲学書、歴史書までを丹念に読み込むことで冷静な投資判断ができるといっており、ある調査会社がアメリカにある運用会社の成績を調べたところ、NYに本社のある運用会社より、西海岸にある運用会社のほうが成績がよかったという結果が出ているそうです。

偉大な投資家というのは偉大な読書家でもあり、寸暇を惜しんで読書をしたからこそ、トレンドを見極め、短期的なモメンタムに動じないように思います。
マーケットがパニックになっているときこそ、これまでの読書の堆積を生かし、買いかどうかの判断をし、あとはまた静かなところで読書にふける、そうすると少しはバフェットに近づけるかもしれません。

まずは、多読をすることによってそのベースをつくり、その上で自分に必要なジャンルの本を読んでいくことによって、あなたの投資脳はより鍛えられていくと思います。





コンテンツ
株式投資と読書 バフェットの読書法
株式投資と読書 マンガーの智慧とは
株式投資と株式会社と資本主義
マーケットが暴落しても心配ない投資とは
バフェットの投資法 ”いい会社の株をそこそこの値段で買う”
株式投資と読書 読書しなくてもネットで十分だという人の末路
ウォール街で勝つ法則 株式投資で最高の収益をあげるために
一貫して賢明な投資戦略を用い続けることが長期的に市場で勝つ唯一の方法である
海外株式投資は海外ETFを利用して投資
 
書籍本文からの引用は記事中の

の中に記載しています。