株式投資と読書 資本主義社会で生きる知恵と知性

株式投資と読書。株式投資を実行する上で重要な投資哲学をつくりあげ、磨き上げていくために書籍の中から賢人の思考回路や知恵又は株式投資の初心者が知っておくべき大事なコトを抽出しています。投資哲学や思考・知恵は読書から作られます。
株式投資と読書 資本主義社会で生きる知恵と知性 TOP  >  株式投資と読書

株式投資と読書 バフェットの読書法





株・投資信託、いま損を抱えている人の投資の処方箋
中桐啓貴
株式会社クロスメディア・パブリッシング


静かなところでひたすらに読む

バフェットは1日をどのように過ごしているのでしょうか。
5、6時間を読書、1、2時間を電話、そして他の時間を考えることに費やしているそうです。
読書によって、過去の知識を得て、電話によって他の人の意見を聞き、考えることによって独立的に決断をするということだと思います。

パートナーであるマンガーも「大量の書物を読まずして、広い分野にまたがる、真に優れた投資家にはなれない。優れた投資家というのは読書家である。これには例外は1つもない」と言っています。
マンガーはまた、「私は伝記中毒と自称し、1日1冊本を読む。知恵を磨くことは道徳的義務である」とも言っております。

バフェットの師匠であるベンジャミングレアムは、その著書の中で「金融、会計、株式市場のノウハウについて広範な知識を持っているが、投資には向いていない人より、投資向きの資質を備えている普通の人のほうがはるかに大きな利益を上げているのを私たちは見てきた」と書いています。
つまり、短期的な株価の変動というのは、金融の知識で説明できますが、長期的な変化というのは金融の知識だけで見通すことができません。
人の織りなすマーケットを理解するには、多種多様な本を読むことによってしか得られないということです。

また、バフェットも、ウォール街の喧騒から離れたオマハで年次報告書から哲学書、歴史書までを丹念に読み込むことで冷静な投資判断ができるといっており、ある調査会社がアメリカにある運用会社の成績を調べたところ、NYに本社のある運用会社より、西海岸にある運用会社のほうが成績がよかったという結果が出ているそうです。

偉大な投資家というのは偉大な読書家でもあり、寸暇を惜しんで読書をしたからこそ、トレンドを見極め、短期的なモメンタムに動じないように思います。
マーケットがパニックになっているときこそ、これまでの読書の堆積を生かし、買いかどうかの判断をし、あとはまた静かなところで読書にふける、そうすると少しはバフェットに近づけるかもしれません。

まずは、多読をすることによってそのベースをつくり、その上で自分に必要なジャンルの本を読んでいくことによって、あなたの投資脳はより鍛えられていくと思います。





株式投資と読書 マンガーの智慧とは





完全なる投資家の頭の中
トレン・グリフィン
パンローリング株式会社

智慧

そもそも基本的な智慧(worldly wisdom)とは何なのでしょうか。
その最初のルールは、バラバラな部分を集めて総和としても、全体として機能することはないということです。
それらの事実を理論の縄としてあざなうことができなければ、使えるものにはならないのです。
―チャーリー・マンガー(1994年のUSCビジネススクールでの講演)

知識は、幅広い分野の大きなアイデアを、その一部ではなく、全部を繰り返し使って考えていかなければなりません。
ほとんどの人はひとつのモデル(例えば、経済学)で訓練されているため、そのなかでですべての問題を解決しようとします。
古いことわざにもあるように、「金槌しかもっていない人には、すべての問題が釘に見える」という状態です。
しかし、これは問題の賢い対処方法とは言えません。
―チャーリー・マンガー(2000年のウェスコ株主総会)

すべての智慧を持ち合わせている学問分野はありません。
詩を研究している教授に、世間的な常識を持ち合わせていない人が多いのはそのためです。
彼らの頭には十分なモデルが入っていません。
―チャーリー・マンガー(1994年のUSCビジネススクールでの講演)

モデルとはどういうものなのでしょうか。
まず、最初のルールは複数のモデルを持つことです。
いつも使っている一つか二つのモデルしかないと、人の心理は現実をねじまげて自分のモデルに合わせるようにできているからです。
―チャーリー・マンガー(1994年のUSCビジネススクールでの講演)

マンガーは、彼が智慧(worldly wisdom)と呼んでいる取り組み方を、ビジネスにも人生にも応用している。
彼は、幅広い分野(心理学、歴史、数学、物理学、哲学、生物学ほか)の異なるモデルを用いれば、人はそれらを組み合わせて総合的なアウトプットを生み出すことができ、それにはパーツ(知識や知恵)の寄せ集めよりも高い価値があると考えている。
ロバート・ハグストロームは、智慧に関して書いた「インベスティング―ザ・ラスト・リベラル・アート」(Investing:The Last Liberal Art)という素晴らしい本の中で、「さまざまな知識分野が絡み合うと、その過程でそれぞれが強力になる。思慮深い人は、それぞれの知識分野からカギとなる重要なメンタルモデルを引き出し、それらを組み合わせ、すべてが融合した理解を生み出すことができる。幅広い見方をするための研鑽を積んでいけば、智慧は自然に身についていく」(ロバート・ハグストローム著「ラティスワーク(Latticework)」2000年)と述べている。





株式投資と読書 読書しなくてもネットで十分だという人の末路





死ぬ前に後悔しない読書術
適菜 収
KKベストセラーズ

本を読んでいない奴は、ほとんどが薄っぺらい。
じゃあ、本を読んでいない奴は全員ダメなのか?
全員ダメです。
とにかくそういう奴は、あらゆる文化に対して薄っぺらいんですね。
きちんとした映画も見ないし、きちんとしたレストランにも行かない。
マクドナルドみたいな本を読み、マクドナルドみたいな映画を見て、マクドナルドみたいな音楽を聴き、マクドナルドに家族で通う政治家に投票してしまう。


バカとは価値判断ができないことです。
価値判断ができないから変なものを取り入れてしまう。
そしてますます変になっていく。
真っ当な価値判断を身につけるには、真っ当な価値判断のできる人から学ぶしかありません。
では、真っ当な価値判断のできる人はどのように決まるのか?
それは歴史や伝統が明らかにしています。
価値判断のできる人とは、価値判断ができる人が、価値判断ができると認めた人のことです。
だから価値判断ができる人が書いた本を読むことが、なによりも大切なのです。
人類は過去、ありとあらゆることを考えてきました。
その歴史につながる作業をしないとまずいわけですね。
人間とは人間の歴史に連なることです。
価値の連鎖に身を置くことです。


正解を暗記する人たち
本なんて読まなくてもネットで十分だという人がいます。
もちろんそれは間違いです。
たしかにネットには大量の情報が溢れている。
魅力的なものも多い。
必要な情報をピンポイントで探し出すこともできる。
だからダメなのです。
情報により武装した結果、人間はバカになります。
ネットではいちばん肝心な部分が見えてこない。
それは答えにたどり着く過程、思考回路の部分です。
ネットで答えを探すと答えしか見つかりません。
その「答え」を暗記して居丈高になる人たちがいる。


簡単に答え合わせができるようなものが「知」と勘違いされている訳で、そんなものを集積すればバカになるだけです。


「情報を仕入れるための読書」、つまり「子供の読書」から卒業して、まず何をやるか?
それは、思考回路をつくることです。
古典の中には重要な思考回路が出揃っているので、それを追体験する。

著者が「どのような答えを出したか」よりも、「何を問題にし、どのような角度から思考したか」を読み込むのが「大人の読書」です。






コンテンツ
株式投資と読書 バフェットの読書法
株式投資と読書 マンガーの智慧とは
株式投資と株式会社と資本主義
マーケットが暴落しても心配ない投資とは
バフェットの投資法 ”いい会社の株をそこそこの値段で買う”
株式投資と読書 読書しなくてもネットで十分だという人の末路
ウォール街で勝つ法則 株式投資で最高の収益をあげるために
一貫して賢明な投資戦略を用い続けることが長期的に市場で勝つ唯一の方法である
海外株式投資は海外ETFを利用して投資
 
書籍本文からの引用は記事中の

の中に記載しています。